Home > 技術情報 > 技術情報

技術情報

知っていますか?ビートパルプの飼料価値

  • 2015-10-20 (火) 18:31

~ビートパルプとは?~

てん菜の根部から温水を用いて砂糖を抽出した残さがビートパルプです。
生パルプとそれを乾燥させて成型した乾燥パルプの2種類がありますが、国内で製造、販売されているのは乾燥パルプがほとんどです。家畜の嗜好性が良いという特徴があり、主に乳牛の飼料として利用されています。
ビートパルプは可消化養分総量(TDN)が高いことからエネルギー飼料の性質の一面を持つことが知られています。
表2でトウモロコシ、ビートパルプ、輸入乾草チモシーの化学組成を比較してみましょう。

TDNは、いわば飼料の栄養価の指標のことで、ビートパルプはトウモロコシに比べて低く、チモシーに比べて高くなっています。また中性デタージェント繊維(NDF)は中性の界面活性剤を用いて処理することで得られる繊維で、ビートパルプはトウモロコシに比べて高く、チモシーに比べて低くなっています。このことから、ビートパルプが粗飼料と配合飼料などのデンプン質飼料の中間的性質を持つ飼料であることがわかります。
NDFは細胞壁物質の区分で、セルロース、ヘミセルロース、リグニンが含まれます。総繊維(OCW)は酵素分析法により得られる細胞壁物質の区分でセルロース、ヘミセルロース、リグニンに加え、ペクチンが含まれます。つまり、OCWからNDFを引いた残りが☆ペクチンです。
おわかりのように、チモシーに比べてビートパルプのNDF値とOCW値の差が大きい理由は、消化性の高い繊維成分であるペクチンが多く含まれているためです。(☆一胃内で主に酢酸発酵を行い、糖やデンプンよりも消化速度が緩やか)
       
~国産ビートパルプと外国産ビートパルプの違いについて~
 
現在日本では、国産のビートパルプ以外にアメリカ、チリ、中国などの外国産のビートパルプも流通しています。
表3に国産ビートパルプと外国産(アメリカ、中国)ビートパルプの消化率と栄養価について示しました。国産ビートパルプは乾物、粗蛋白質、中性デタージェント繊維の全ての消化率がアメリカ産、中国産ビートパルプより高く、可消化養分総量の栄養価も国産のビートパルプの方が優れていると言えます。


   

引用文献
 1)日本飼料標準2009年版、一般成分組成、消化率、栄養価
 2)農林水産省 :作物統計
 3)津田恒之ら(1990)、新乳牛の科学
 4)田中勝三郎ら(1995)、ビートパルプの反芻家畜飼料資源としての利用に関 する研究、北畜会報 

~この記事はDairy Japan 2015年9月号に掲載されています~

(生産支援室 獣医師 前谷)

乳房スコア

  • 2014-07-31 (木) 13:01

乳房は共進会で経産牛の体型を評価する時に重要視されます。また農家に利益をもたらすために、何産にも渡ってトラブルを起こすことなく、大量の牛乳を一貫して生産し続けなければなりません。乳房の評価方法について以下にまとめます。

①乳房の深さ…飛節よりある程度、高い位置が望ましい。(35~45が良い)

乳房の深さは、産次を重ねるにつれて大きな乳房をもつことになるので、産次数と月齢を考慮するべきである。5の様に深い乳房は傷つきやすく、搾乳効率が低下する可能性があり、45より浅い乳房は高い牛乳生産を支えるには望ましくない。

②後乳房の幅と高さ…幅は広い程、高さは高い程良い。(45が良い)

後乳房の幅は写真の様に乳房組織の最上部を水平に測る。乳房の容積が増えるので、幅が広く付着している後乳房の方が良い。
後乳房の高さは写真の様に陰門から乳腺組織最上部までの距離を測り、その距離が短ければ短いほど良い。

③前乳頭と後乳頭の位置…各分房に対して直角で、適切な間隔を保っている(25が良い)

正しい乳頭配置はミルカーの離着をスムーズにする。前乳頭、後乳頭共に、25の様に各分房に対して直角に位置し、乳頭間の距離が適切であることが理想である。5の様に距離が離れすぎている場合や、45の様に乳頭が近すぎる場合は搾乳効率が悪くなる。

④懸垂靭帯…乳頭を適切な位置に保つ強さが良い(25が良い)

懸垂靭帯は写真の様に、後乳頭の中間の乳房底面から乳房間溝までを垂直に測定する。5の様に靭帯が弱い場合や、45の様に靭帯が強すぎる場合は、搾乳効率が悪くなり、生産性も低下する。

⑤前乳房の付着…付着が強く、付着面が長い方が良い(45が良い) 付着が強く、乳房付着面が腹壁の前方に位置している方が良い。初産では大部分の牛が45の様であるが、産次を重ねるにつれて5や15の様になっていく。

⑥乳頭の長さ…理想的な長さは5.625cm(25が良い)

5の様に乳頭の長さが極端に短い場合はミルカーの装着が難しくなり、スリップが起こる可能性が高くなる。また45の様に著しく長い場合は、起立する際に蹄で乳頭を損傷してしまう可能性が高くなる。

※写真はホーズデーリィマンより引用・改変

(生産支援室 獣医師 前谷)

光周期コントロール

  • 2015-10-20 (火) 18:29

北海道では冬季の日照時間が約9時間、夏至では約15時間といわれています(気象庁ホームページより抜粋)。

搾乳牛と育成牛に対して冬の短日周期の間、照明を使用し、夏の長日周期に変えることで、乳量や繁殖成績がアップしたと報告があります。

今回は光周期のコントロールをテーマにしてみたいと思います。

ポイントは以下の通りです。

①1日のうち16時間明るく、8時間暗くするように光を調節する。

②明るさは150~200ルクスの照度、暗い時間は150ルクス以下の照度にする。(牛の目線の高さである床下90cmにて測定)

③牛舎全体を同じ明るさにする。

効果は、乳量が5~16%程増加した、乾物摂取量が増加したなどの報告があります。

これは、牛が長時間強い光を感知すると、乳量の増加に必要とされるプロラクチンやインシュリン様成長因子-1(IGF-1)の分泌が促進され、乳腺が発達することにより乳量が増加すると言われています。そして乳量の増加に伴い、乾物摂取量も増加するということです。

また繁殖成績が良くなったという報告もあります。
牛舎が明るくなったことで、人間が牛体や発情粘液を鮮明に見ることができ、発情観察がしやすくなったと考えられます。

搾乳牛とは対照的に、乾乳牛は8時間明るく、16時間暗くするように光を調節することで分娩後の乳量が高くなる傾向があると報告があります。

以上のことから光周期をコントロールすることで様々な効果が期待できますが、注意しなければならない点として、

ⅰ)牛舎全体を明るくすることが可能な照明を選択する。

ⅱ)掃除や照明の交換が可能な高さで、効率良く照らすように照明を設置する。

ⅲ)牛舎全体の照度を考慮しながら、適切な数を配置する。

が挙げられます。

参考文献:ホーズデーリーマン176号(2002)、デーリィーサイエンス5月号 (2002)

(生産支援室 獣医師 前谷)

低酸度二等乳

  • 2014-04-08 (火) 4:54
牛乳を集乳する際に行う日本農林規格の検定に不合格の乳を二等乳といい、アルコール不安定乳、低成分乳および異臭、異味、異物混入に大別されます。
アルコール不安定乳は、原料牛乳と70%アルコールを1:1の割合で混合し(アルコールテスト)、凝固物の生じる乳をいい、アルコール反応陽性乳ともいいます。
アルコールで凝固する乳の中には、搾乳直後の新鮮乳で臨床的にも異常が認められず、陽性反応を示すものがあり、低酸度二等乳といいます。
アルコールテストは乳中のタンパク質の熱に対する安定性を調べるもので(70%アルコールを混ぜた時と牛乳を加熱したときの反応が同じ)、全ての製造用原料乳に用いられるようになっています。すなわちアルコールテストで陽性反応がでると出荷できません。
低酸度二等乳発生の原因についての報告は数多くありますが、完全には解明されていません。
原因としては、環境、疾病併発、ホルモン、給与飼料、ストレス等の影響による乳腺細胞の乳汁合成能が低下していることが挙げられます。
(1)環境による影響
乳牛の快適温域は12~18℃、快適湿度は40~60%といわれています。
この範囲を越えると体温に変化が現れ,食欲や乳量の減退、抗病性の低下などが見られます。
このような寒冷、酷暑、多湿のほかに、急激な気温変化、低気圧などのストレスにより、感受性の強い乳腺は異常となり、低酸度二等乳を分泌すると考えられます。
(2)疾病併発による影響
アルコール陽性牛には、アシドーシス,肝機能障害や慢性乳房炎、ケトーシス、胃腸障害が多いことが報告されています。
これらには副腎皮質をはじめホルモンの分泌機能異常が関係しているとされています。
(3)ホルモンによる影響
副腎皮質ホルモンの中で、ナトリウムやカリウムの代謝に関与する無機質コルチコイドが起炎作用、炭水化物などの代謝に関与する糖質コルチコイドは消炎作用を持っていますが、 これらの不均衡で乳腺に起炎的に作用し陽性乳を分泌させることが知られています。
また甲状腺ホルモンとの関係も知られ、この投与による陽性乳の分泌が確認されています。
(4)飼料給与状態による影響
飯塚らによる低酸度二等乳に関する一連の研究の中で、飼料給与量との関係について、詳しい検討結果が報告されています。
この調査では、TDN、DCP(≒CP)の充足率が90~120%の適正給与群の発生率が、7.7%と最も低く、TDNの充足率が低い群で発生率が非常に高くなっています。
また、DCPの充足率が高い群の発生率も高く、栄養バランスが悪くなると陽性率も高くなっています。
かなり古いデータですが、タンパクとエネルギーの不均衡、特にエネルギーの過不足が陽性乳の誘因として大きいことが示唆されています。
NRC充足率 DCP
120以上 90~120 90以下
TDN 120以上 32.0 18.8 16.7 29.9
90~120 25.0 7.7 13.6 15.9
90以下 33.3 29.6 27.9 29.0
30.0 15.8 22.5 24.3
飼料充足率とアルコールテスト反応陽性率(%)
治療としては、上述した原因である環境によるストレスを軽減し、疾病を予防することが挙げられます。
また飼料計算を行い、栄養バランスを是正することが重要です。治療薬は、整胃腸剤であるメンブトン製剤が主に使用されますが、NOSAI獣医師に相談してください。
ちなみに、低酸度二等乳は乳脂肪分の組成が変化しているので、子牛が哺乳すると白痢を起こしやすいと言われています。
(生産支援室 獣医師 前谷)

ルーメンアシドーシス

  • 2014-06-19 (木) 15:42

ルーメンアシドーシスは、ルーメン内のpHが低下することによって起こる消化障害です。

通常、ルーメン内のpHは有機酸の発生と唾液による緩衝、そしてルーメン壁からの吸収がバランスよく保たれています。しかし短時間、かつ大量の有機酸が発生すると唾液による緩衝やルーメン壁からの吸収では処理しきれず、pHが低下します。この状態がルーメンアシドーシスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーメンアシドーシスの症状は
①水様~泥状の異臭便
②第1胃(ルーメン)膨満
③他の牛と比べ、反芻が少ない
④採食量が減る
などがあります。さらにpHが低下した状態が続くと(通常5.2以下)ルーメン微生物叢は正常と異なり、主にL-乳酸を発生させるStreptococcus bovisなどが主体になります。またpHの低下に伴い、乳酸をプロピオン酸や酢酸に変換する乳酸利用性細菌が消失することで、乳酸の蓄積がさらに促進され、悪循環に陥ります。またルーメン内のグラム陰性菌の死滅によりエンドトキシンが大量に放出されるので上記以外の症状に加え、蹄葉炎による跛行を示すことが多くなります。

ルーメンアシドーシスの予防には、”ルーメン発酵の安定”と”十分な反芻による唾液分泌”できる飼料給与が必要です。
分離給与の場合は嗜好性の高い牧草を多く与え、配合飼料の給与回数を増やす(1回3kg程度まで)ことが望ましいでしょう。TMR給与の場合は必ず不断給餌を行い、水分量の目安は50%程にすると選び食いが少なく、ルーメン発酵の安定性を保つことができます。また有効繊維確保のために乾草類を多く入れましょう。

(生産支援室 獣医師 前谷)

生菌剤の利用

  • 2014-04-08 (火) 4:58

前回は第四胃による殺菌作用について述べましたが、今回はもう一方の防御機能である腸内細菌叢による制圧について述べたいと思います。

哺乳期間中の子牛は、母乳あるいは代用乳を摂取するほかに、人工乳や乾草なども摂取します。このような飼料の変化に伴う腸内細菌叢の不安定化により腸管内で異常発酵が起こり、下痢をします。

もう少し詳しく言えば、子牛が生まれた直後は初乳の抗菌作用があり、腸内細菌が乱れていません。しかし徐々に初乳の抗菌効果は薄れ、子牛自身の腸内細菌叢の調整能力が低いことも重なり、少しずつ悪い細菌(病原菌)が増え始めます。数日後、病原菌により異常発酵した便は腸の外に排泄されます。これが下痢便です。

農家の皆様の中には「子牛が生まれて1週間すると決まって下痢をする」という経験をする方もあるように思います。以上のことを考えると、1週間前後で子牛が下痢をすることも納得できます。

ではどうすればいいのでしょうか?

以前にも述べましたが、腸内細菌叢を安定させる事が大切です。

生菌剤には、乳酸菌、酪酸菌、ビフィズス菌、酵母菌などが用いられています。これらの菌は、いわゆる‘善玉菌‘です。

小腸や大腸に‘善玉菌‘がある程度存在すれば病原菌を打ち負かすので、腸内細菌叢が不安定になる前に、予防的に生菌剤を投与し続ければ良いのです。

腸内細菌叢が安定していれば、腸粘膜から病原菌に対する抗体が産生されやすく、免疫機能も活性化します。

生菌剤を下痢症の治療に使用するだけでなく、‘予防’に役立ててみましょう。

 

普段から子牛の様子をよく観察し、病気の予防に努めましょう。

 

 

(生産支援室 獣医師 前谷文美)

子牛のお腹を冷やさない

  • 2012-11-05 (月) 19:22

先月、下痢に対する子牛の防御機能についてお話しました。今月はその1つである第四胃による殺菌作用について詳しく述べたいと思います。
前回で子牛の第四胃から分泌される胃液、つまり胃酸によって大抵の病原菌は死んでしまうとお話ししましたが、これは四胃が元気である場合なのです。
では四胃が元気であるためにはどうすればいいのでしょうか?色々な考えがありますが、答えは”保温”です。これは私たち人間も同じことが言えると思います。
皆さんご存じの通り、子牛の四胃は生後1か月位まで、お腹の真下の大部分を占めます。つまり、お腹の真下を温めれば下痢が減ってくるのです。
そこでお勧めしたいのが、電気式の保温マットです。冬場は子牛のいる環境をたっぷりの敷料で清潔に保ち、さらに、その下にマットを敷くことによってお腹が冷えにくくなります。使用する上での注意点は、電気マットをビニールで包み、その上に敷く敷料を清潔に保つことです。糞尿で汚れている敷料であれば、細菌の温床になってしまいます。
電気の保温マットはペット用や畜産用であれば数万円ほどかかってしまいますが、ホームセンターなどでは、数千円ほどで売られています。
子牛の下痢を防ぐ方法でもありますが、寒さに弱い和牛、F1、疾病で衰弱しているホルスタインの子牛にも効果があります。ぜひお試しください。

 

左の写真は実際に牧場で使用されていた
犬猫用の電気保温マットです。
値段は2千円ほどでした。

 

 

(生産支援室 獣医師 前谷文美)

子牛の防御機能について

  • 2012-10-09 (火) 12:19

9月中旬まで30℃近い残暑が続きましたが、最近、急に冷えるようになりました。
寒暖の差が激しくなり、体調を崩しやすくなるのは我々人間だけではなく、子牛もそうです。これから更に寒くなり、子牛は寒冷によるストレスを受け、下痢や肺炎になりやすくなります。

ところで乳用子牛、肉用子牛ともに病傷発生率(死廃は含まない)が最も高いのは消化器病、つまり下痢であることをご存じでしょうか?

子牛は、母牛からの移行抗体を全く持たずに生まれ、初乳によって初めて抗体を獲得します。だから良質な初乳を十分に飲めていなければ、免疫機能が弱くなり、下痢になってしまいます。

しかし、本来子牛は下痢に対して次の防衛ラインを持っています。
① 第四胃の胃酸による殺菌作用
 第四胃は人間の胃と似た役割を持っていて、子牛の時期は第1胃よりも第4胃の方が体の大部分を占めます。大抵の病原菌は胃酸により死んでしまいます。
② 腸内細菌叢による制圧
 人間と同じことですが、いわゆる‘善玉菌‘を増やすことです。小腸や大腸の‘善玉菌‘がある程度存在すれば、病原菌を打ち負かします。しかし子牛の場合、腸内細菌叢が 不安定なので(善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れがちである)、生菌剤を投与すると良いと言われています。 腸内細菌叢が安定していれば、腸粘膜から病原菌に対する抗体も産生されやすいです。

①と②が正常に作用していると子牛の下痢は大抵防ぐことができます。
では①と②が正常に作用するためにはどうすればいいのでしょうか?
次回から詳しくお話ししたいと思います。

☆写真に写っている子牛のジャケットは、古くなったベストを再利用したものです。

東洋医学 ~お灸~について

  • 2013-08-14 (水) 13:08

暑い夏が一段落した今日、人間も牛も夏の疲れがドッと出てしまう時です。
何とか暑い夏を乗り越えたものの、牛がなんとなく調子が悪そう、発情がはっきりしない、立ちが悪いなどとお悩みのみなさんにぜひ試していただきたいのがお灸です。みなさんの中には、腰や肩、首の痛みなどでマッサージや鍼灸を経験した人もいらっしゃると思います。人間の体には気と血が通る道があります。この通路を経絡といい、この経絡がところどころ、体表に現れています。つまり”ツボ”です。人にあるということは当然牛にもあるわけです。今回は、繁殖に効く代表的なツボをご紹介します。

 

(準備するもの)
もぐさ(薬局などで安く売っています)、ライター、味噌、
消火用の水(万が一のため)

(手順)
①牛を保定する(保定枠があれば入れる)。
②尻尾を振り回さないように、ロープで後足にしかり固定する。
③ツボに味噌を薄く塗る。
④ツボの上にピンポン玉位の大きさにしたもぐさをおく(大きさは左写真参照)。
⑤ライターで火をつけ、後は燃え尽きるまでひたすら待つ。(火事にならないよう、お灸のときは必ず最後まで側に居て下さい)
⑥これを3~4日ほど繰り返す。

(お灸場所)
・天平(てんぺい) :最後の肋骨を背骨の方にたどってあがり、すぐ後ろにあるへこみ
・後丹田(ごたんでん):天平の1つ後ろにあるへこみ
・腎門 (じんもん):後丹田の1つ後ろにあるへこみ
・安腎(あんじん) :腎門の1つ後ろにあるへこみ
・百会(ひゃくえ) :左右の腰角を結び、背骨と交わる場所
・帰尾・尾帰(きび、びき) :百会から腰角へ10cm程、離れた左右の場所
・尾根(びこん) :尾を持って上下に動かすと尾の付け根にあるくぼみ

(図はNOSAI兵庫より抜粋)

他にも、食欲不振、起立不能、困難のツボもあります。食欲不振の代表的なツボは、図の帰尾、尾帰以外の6つです。起立不能、困難についてのツボは、獣医師によって処方が異なります。担当の獣医師にお問い合わせください。

(注意事項)
熱がある時、衰弱が激しい時は絶対にお灸を避けてください。
お灸の後は黒く焦げたようになりますが、自然に治るものですので、特に心配はいりません

(生産支援室 前谷文美)

乾乳期、分娩前の乳房炎を防ぐ

  • 2012-09-04 (火) 12:45

乾乳期は、休まず働いてきた乳腺を休ませ、次の泌乳に向けて準備をする重要な時期です。乾乳期に、乳頭管でケラチンというタンパクによる栓が形成され、細菌の侵入を防いでいます。

ところが、乾乳開始2週間後と分娩前2週間は乳房炎の感染率が非常に高く、泌乳期の数倍~十数倍高いといわれています。

みなさんが普段使用している、乾乳期用軟膏は乾乳開始から乾乳前期の感染を防ぐ効果が期待できますが、分娩2週間前には薬が効いていない状態の牛も多く、乳が張ってくるため漏乳が問題となります。

(図は家畜解剖図説より引用)

この状態を打開するために様々な方法がありますが、分娩前に搾乳する方法があります。分娩前に搾乳することで乳房の内圧が減少し、浮腫が緩和され、乳頭内から細菌が排出されます。またディッピングなどを施すことにより、乳頭表皮が殺菌され、新たに乳房炎に感染する機会も減少するといわれています。この場合、搾り始めの3日間は初乳として保存し、もちろん出荷は、分娩後検査をしてから行います。

さて、分娩後の乳房炎を減らすために分娩前の乳房炎のチェックをしてみませんか?

方法は、①分娩予定日の10日前位に乳房が張ってきたら、搾ってみましょう(乳が出ないようなら、それ以上無理に搾る必要はありません)
②乳が出るようならPLテスター板にとり、観察しましょう
その結果・・・

アメ状ならまず大丈夫
乳頭をふさいでいる栓はすぐ再生します

初乳のような場合や水っぽい乳の場合は、PLテスターで検査して反応が出れば治療してください(乳房炎チェックをしたら、必ずディッピングを始めましょう)

 

(写真は家畜診療2007年4月号より引用)

 

前の乳期に慢性乳房炎だった牛は、乾乳期に治療を開始した方が治る確率が高くなります。無事にお産を終え、これから搾るという時に乳房炎でつまずかないためにもこれらを参考にしてください。

(生産支援室 前谷文美)

16-01-04
図aデイリージャパン誌1月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
DJ1511デイリージャパン誌11月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
学会誌に研究成果、続々掲載
15-10-09
図2デイリージャパン誌9月号にビートパルプに関する記事が掲載されました
14-06-19
DJ記事デイリージャパン誌6月号にオリゴ糖(DFAⅢ)に関する記事が掲載されました
15-10-20
知っていますか?ビートパルプの飼料価値
14-07-31
乳房スコア
14-06-19
光周期コントロール
14-04-08
低酸度二等乳
14-04-08
アシドーシス2ルーメンアシドーシス
  • 日本甜菜製糖株式会社
  • ニッテン商事
  • スズラン企業株式会社
  • サークル機工株式会社