Home > 技術情報 > ルーメンアシドーシス

ルーメンアシドーシス

  • 2014-06-19 (木) 15:42

ルーメンアシドーシスは、ルーメン内のpHが低下することによって起こる消化障害です。

通常、ルーメン内のpHは有機酸の発生と唾液による緩衝、そしてルーメン壁からの吸収がバランスよく保たれています。しかし短時間、かつ大量の有機酸が発生すると唾液による緩衝やルーメン壁からの吸収では処理しきれず、pHが低下します。この状態がルーメンアシドーシスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーメンアシドーシスの症状は
①水様~泥状の異臭便
②第1胃(ルーメン)膨満
③他の牛と比べ、反芻が少ない
④採食量が減る
などがあります。さらにpHが低下した状態が続くと(通常5.2以下)ルーメン微生物叢は正常と異なり、主にL-乳酸を発生させるStreptococcus bovisなどが主体になります。またpHの低下に伴い、乳酸をプロピオン酸や酢酸に変換する乳酸利用性細菌が消失することで、乳酸の蓄積がさらに促進され、悪循環に陥ります。またルーメン内のグラム陰性菌の死滅によりエンドトキシンが大量に放出されるので上記以外の症状に加え、蹄葉炎による跛行を示すことが多くなります。

ルーメンアシドーシスの予防には、”ルーメン発酵の安定”と”十分な反芻による唾液分泌”できる飼料給与が必要です。
分離給与の場合は嗜好性の高い牧草を多く与え、配合飼料の給与回数を増やす(1回3kg程度まで)ことが望ましいでしょう。TMR給与の場合は必ず不断給餌を行い、水分量の目安は50%程にすると選び食いが少なく、ルーメン発酵の安定性を保つことができます。また有効繊維確保のために乾草類を多く入れましょう。

(生産支援室 獣医師 前谷)

16-01-04
図aデイリージャパン誌1月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
DJ1511デイリージャパン誌11月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
学会誌に研究成果、続々掲載
15-10-09
図2デイリージャパン誌9月号にビートパルプに関する記事が掲載されました
14-06-19
DJ記事デイリージャパン誌6月号にオリゴ糖(DFAⅢ)に関する記事が掲載されました
15-10-20
知っていますか?ビートパルプの飼料価値
14-07-31
乳房スコア
14-06-19
光周期コントロール
14-04-08
低酸度二等乳
14-04-08
アシドーシス2ルーメンアシドーシス
  • 日本甜菜製糖株式会社
  • ニッテン商事
  • スズラン企業株式会社
  • サークル機工株式会社