Home > 技術情報 > 乳房スコア

乳房スコア

  • 2014-07-31 (木) 13:01

乳房は共進会で経産牛の体型を評価する時に重要視されます。また農家に利益をもたらすために、何産にも渡ってトラブルを起こすことなく、大量の牛乳を一貫して生産し続けなければなりません。乳房の評価方法について以下にまとめます。

①乳房の深さ…飛節よりある程度、高い位置が望ましい。(35~45が良い)

乳房の深さは、産次を重ねるにつれて大きな乳房をもつことになるので、産次数と月齢を考慮するべきである。5の様に深い乳房は傷つきやすく、搾乳効率が低下する可能性があり、45より浅い乳房は高い牛乳生産を支えるには望ましくない。

②後乳房の幅と高さ…幅は広い程、高さは高い程良い。(45が良い)

後乳房の幅は写真の様に乳房組織の最上部を水平に測る。乳房の容積が増えるので、幅が広く付着している後乳房の方が良い。
後乳房の高さは写真の様に陰門から乳腺組織最上部までの距離を測り、その距離が短ければ短いほど良い。

③前乳頭と後乳頭の位置…各分房に対して直角で、適切な間隔を保っている(25が良い)

正しい乳頭配置はミルカーの離着をスムーズにする。前乳頭、後乳頭共に、25の様に各分房に対して直角に位置し、乳頭間の距離が適切であることが理想である。5の様に距離が離れすぎている場合や、45の様に乳頭が近すぎる場合は搾乳効率が悪くなる。

④懸垂靭帯…乳頭を適切な位置に保つ強さが良い(25が良い)

懸垂靭帯は写真の様に、後乳頭の中間の乳房底面から乳房間溝までを垂直に測定する。5の様に靭帯が弱い場合や、45の様に靭帯が強すぎる場合は、搾乳効率が悪くなり、生産性も低下する。

⑤前乳房の付着…付着が強く、付着面が長い方が良い(45が良い) 付着が強く、乳房付着面が腹壁の前方に位置している方が良い。初産では大部分の牛が45の様であるが、産次を重ねるにつれて5や15の様になっていく。

⑥乳頭の長さ…理想的な長さは5.625cm(25が良い)

5の様に乳頭の長さが極端に短い場合はミルカーの装着が難しくなり、スリップが起こる可能性が高くなる。また45の様に著しく長い場合は、起立する際に蹄で乳頭を損傷してしまう可能性が高くなる。

※写真はホーズデーリィマンより引用・改変

(生産支援室 獣医師 前谷)

16-01-04
図aデイリージャパン誌1月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
DJ1511デイリージャパン誌11月号に乳牛へのカルシウム給与に関する記事が掲載されました
15-10-20
学会誌に研究成果、続々掲載
15-10-09
図2デイリージャパン誌9月号にビートパルプに関する記事が掲載されました
14-06-19
DJ記事デイリージャパン誌6月号にオリゴ糖(DFAⅢ)に関する記事が掲載されました
15-10-20
知っていますか?ビートパルプの飼料価値
14-07-31
乳房スコア
14-06-19
光周期コントロール
14-04-08
低酸度二等乳
14-04-08
アシドーシス2ルーメンアシドーシス
  • 日本甜菜製糖株式会社
  • ニッテン商事
  • スズラン企業株式会社
  • サークル機工株式会社