モラセスバーガー

製品パンフレット

糖蜜とバガスの力でルーメンを健康に!

南国ですくすく育ったサトウキビからとれた発酵バガスに、北の豊かな土壌で育った国産ビートの糖蜜を吸着させた糖蜜飼料です。
糖蜜が嗜好性を高めるとともに、繊維源も給与できます。

モラセスバーガー

基本情報

荷姿 20kg
形状 マッシュ

どんな効果があるの?

  • 糖蜜が嗜好性を高め、エネルギー源となります。
  • 繊維が豊富なので軟便対策に効果があります。
  • バガスはルーメンpHの安定、アンモニア態窒素の濃度低減に効果があります。

どうやって食べさせるの?

  • 250~500g/日・頭が目安です。
  • TMRに混合したり、残飼に振りかけて給与します。

注意事項

  • 夏期は変質することがありますので、お早めにご使用ください。

給与データ・効能

モラセスバーガーの人口ルーメン内アンモニア濃度低減効果

モラセスバーガーの人口ルーメン内アンモニア濃度低減効果

実験室内で人口の第一胃モデルを使って、牛生体から採取した第一胃液12.5mlに①モラセスバーガー、②圧片トウモロコシを0.5g添加し2、6、24時間培養後の第一胃液中アンモニア態窒素濃度およびpHの変化を測定しました。その結果、モラセスバーガー添加液はアンモニア態窒素濃度が大きく減少し、かつpHの低下が抑制されました(当社データ)。

商品に関するお問合せはこちら